• TEL 0466-33-5383

消化器系・泌尿器系・心血管系疾患

  • HOME
  • 消化器系・泌尿器系・心血管系疾患

消化器系疾患

肝臓障害

肝臓は腹部の最も前方に位置した大きな臓器で、それは腹腔と胸腔との間を分割する横隔膜に接しています。肝臓は生命に欠くことのできないもので、100以上の重要な機能を引き受けています。たとえば、毒物や薬物の解毒、脂肪の代謝、炭水化物の貯蔵、胆汁や血漿蛋白や他の物質の製造、血液の凝固に関与しています。

肝臓疾患は大抵の場合、その病気がひどくなるまで見つけることは難しいものです。それと云うのも肝臓組織は多量にあり、しかも肝臓は部分的に再生することができるからです。肝臓疾患の徴候は障害の程度や場所によって様々です。肝臓の障害の質や程度を知るために、種主血液検査や超音波検査が必要です。

入院して治療をしなければならない肝臓疾患のタイプもあれば、通院しながら自宅で治療が行えるものもあります。そして完全に治せるものもあれば、症状を抑えるだけしかできないものもあります。

泌尿器系疾患

慢性腎臓病(尿毒症症候群)

正常な腎臓では血液を濾過し、老廃物を取り除き尿中に排泄します。

感染や炎症によって損傷を受けた腎臓は正常な濾過能力のいくらかを失います。そして、その老廃物質は血流中に溜まっていきます。この物質の再循環が続くことにより、病気に陥ります。病気の症状は腎臓全体の約3/4が障害を受けて初めてみられます。

この意味は、病気に罹ったペットが長い間症状を見せなくても、実際には慢性的(ずっと以前から)な腎臓の病気に陥っていたということがよくあるということです。

慢性腎不全の症状には嘔吐、喉の渇き、尿の回数が増える、食欲不振、元気消失、そして呼吸状況の悪化などがみられます。

さらに、この状況が続けば虚脱、ケイレン、昏睡に陥り死に至ります。

慢性腎不全は治りませんが、多くの例でコントロールすることができます。

飼主とドクターがともに協力してきちんと管理すれば、多くのペットは正常に近い生活を行うことができます。

心血管系疾患

心臓弁膜機能不全

心臓の弁は心臓の血液を一方向にだけ流すバルブです。もしこの弁が閉まらなければ(弁閉鎖不全)、血液は逆流してしまいます。弁の機能不全は生まれた時からあったり(先天的)、他の病気に続発したりします。

心臓には左右2ケ所ずつ(計4ヶ所)に弁がありますので、そのいずれかが侵されると左または右に、あるいは両方の心不全が起こります。左側心不全の症状は呼吸困難、咳と体力の衰えです。右側心不全では食欲や体重の減少、腹水が溜まり、時々吐いたり下痢したり、足が腫れてきたりします。多くの症例では左右の心不全の両方の症状が現れます。