水谷動物病院

地域密着40年の信頼。藤沢市の動物病院【水谷動物病院】

健康管理としつけ

病気の知識

ふれあい活動

 アニコム損害保険

 

HOME»  内分泌系疾患

内分泌系疾患

アジソン病(副腎皮質機能低下症)

 アジソン病とは副腎ホルモンの産生が低下する病気です。この病気は感染や癌や薬物、あるいは不明の原因によって副腎が破壊されてしまうために起こります。脳下垂体の疾患もこの病気を引き起こすことがあります。

 副腎皮質ホルモンの産生が低下すると体に塩分(ナトリウム)を保てなくなり、血液量は少なくなり、心臓の筋肉は弱り、糖や脂肪の代謝もうまく働かなくなります。ストレスに耐えられなくなるのがこの病気の一番の特徴で、アジソン病発作と呼ばれる虚脱状態になります。

 正しい診断と治療には各種の血液検査や副腎機能検査が必要です。

 副腎機能不全にまずしなければならない治療は点滴注射を行い、薬を与え、臨床検査を続けなければなりません。病状が良くなっても、恐らく治療は一生必要でしょう。

 

クッシング病(副腎皮質機能亢進症)

 クッシング病とは、過剰に副腎ホルモンが分泌される副腎の障害です。副腎皮質機能亢進症の原因は、脳下垂体機能の異常、副腎の腫瘍、副腎皮質ホルモンの使った療法または説明できない副腎の活動し過ぎが考えられます。

 副腎皮質機能亢進症はゆっくりと進行する病気で、初期の徴候はしばしば見過ごされてしまいます。それは食欲の増進、多飲多尿、活動が鈍りお腹が大きくなることです。この病気が進行するとそのような症状がどんどんひどくなり、ペットは肥満体になり、息切れが激しくなり、身体の両側で左右対称に毛が抜けてきます。症状によっては脱毛だけしか見られないこともあります。

 症状を診断し、その原因を見つけ治療計画をたてるため、広範囲にわたる臨床検査とレントゲン検査が必要になります。いくつかの動物では内科的な治療のみに反応しますが、その他は外科的治療と、内科的治療の両方を併用しなくてはなりません。患者にとっては不幸なことに治療しても悪化していくものもあります。

 治すというよりはむしろコントロールするのが、ほとんどの副腎皮質機能亢進症の症例における治療結果です。治療に用いる薬が副腎ホルモンを抑えすぎてしまい、アジソン病として知られているショック様の症状を起こすかもしれないので、治療は注意深く見守りながら行わなければなりません。

 

猫の甲状腺機能亢進症

 甲状腺機能亢進症は歳をとった猫の病気で、甲状腺ホルモンの過剰産生によって起こります。このホルモンの産生が増加する最も多い原因は甲状腺の腫瘍です。これらの腫瘍は良性(癌ではない)のこともあれば悪性のこともあります。甲状腺にこの腫瘍がなぜできるのかは判っていません。

 甲状腺ホルモンが過剰産生された時の症状は、がつがつした食欲にもかかわらず体重が減ったり、頻繁にお腹がぐるぐる鳴ったり、喉の渇きや尿量が増えたり、絶えず落ち着かなかったり、頻繁に鳴いたりして声を出し、正常なグルーミング(毛の手入れ)をしなかったり、心臓の動きが速いなどが挙げられます。心臓に与えるこの影響はひどく、うっ血性心不全をもたらします。

 手術で甲状腺を取り除くことが勧められる治療です。もし甲状腺が全て取り除かれれば、命のある間、甲状腺ホルモンを与え続けなければなりません。潜在している腫瘍が悪性かもしれないし、長期にわたって薬を与えると激しい副作用が起こるので、長期にわたる内科的治療はお勧め出来ません。

 

甲状腺機能低下症

 甲状腺機能低下症とは甲状腺ホルモンが量的に少ないか、身体が異常に消費することによって起こる病気です。いくつかのペットでは脳下垂体も関連していますが、多くの例では甲状腺によるホルモン産生が不十分なことで起こります。

 この病気は2才以下のペットでは希にしか見られませんが、中年や老年のペットでは良く見られます。以下の全てかいくつかが症状としてみられます。

 スタミナの減少、睡眠時間の増加、寒さに弱くなる、乾いた被毛や皮膚、早すぎる鼻面の白髪、脱毛、発毛が遅い、繰り返す皮膚感染、皮膚に黒い色素が現れることなどです。顔が腫れたようになり、雌では発情のサイクルが不順になり、そしてまた受胎率も低下します。雄は睾丸が萎縮して雌に対する興味が少なくなります。

 

糖尿病

 糖尿病はインスリンの欠乏によって起こる病気です。インスリンは膵臓で造られるホルモンで、身体の細胞が血糖を利用するために必要なものです。インスリンがないと、糖は血中にとどまりそして結局は尿へと排泄されます。これは尿量の増加と喉の渇きを起こします。身体が血中の糖を利用できないために多食が始まります。この病気の過程でケトンと呼ばれる化学物質が蓄積し、吐き気や脱水を起こします。治療してやれない動物はついには昏睡状態に陥り死にます。

 糖尿病は根本的に治せる病気ではありませんが、適量のインスリンを投与することと食事管理でこの病気をコントロールすることが出来ます。